WordPressで独自SSL(https)を無料で設定!【ロリポップ】【Really Simple SSL】

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

今回は、ロリポップをサーバーに使用している方向けにWordpressの独自SSLを設定する方法をご紹介します。

こんな方向け

  • ロリポップサーバーを使用している
  • WordPressを使用している
  • 独自SSL設定(https)を無料で行いたい

1. ロリポップでのSSL(https)設定

まずは、wordpressをインストールしているロリポップサーバーへログインしてください。

ロリポップサーバーにログインしたら、以下の手順でSSL(https)設定をしていきます。

基本的にはこちらのロリポップ!公式が記載している方法でうまくいきます。

詳細まで画像でみたい場合は、こちらの手順を参考に、wordpressの独自SSL(https)設定の下準備をおこなってください。

参考 独自SSL(無料)のお申し込み・設定方法ロリポップ!
STEP.1
独自SSL(https)の申し込みページへアクセス

まず、独自SSL(https)設定をするためにこちらのリンクにアクセスします。

参考 独自SSL証明書設定・お申し込みロリポップ!

下記のようなロリポップのページに飛べます。

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

STEP.2
独自SSL設定

少し下にスクロールすると、こんな自分のURLとボタンがあるため、そちらをクリックして、数分待ちます。

(デフォルトでSSL保護されていないドメインタブが選択されているはずです。)

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

STEP.3
ロリポップ!側の設定完了!

数分待った後ページを更新し、下記のようにwordpressのドメインが保護されていますと表示されたら、ロリポップ側の独自SSL(https)の下準備は完了します。

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

2. WordPressの設定をプラグイン(Really Simple SSL)で行う

今回は、独自SSL(https)の設定を無料で行うために、「Really Simple SSL」というプラグインを使用します。

下記手順で簡単に完了することができますので、一気にやっていきましょう。

STEP.1
Really Simple SSLのプラグインを検索

WordPressにログイン後、SSL(https)設定を簡単にできるプラグインをインストールします。

まずは、プラグインのページから、「Really Simple SSL」を検索してください。

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

STEP.2
Really Simple SSLをインストール

「Really Simple SSL」を見つけたら、今すぐインストールのボタンをクリックして、下記のような有効化のボタンが表示されるのを待ちます。

有効化のボタンが表示されたら、クリックして「Really Simple SSL」を有効化してください。

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

STEP.3
インストール後に、SSL証明書の発行を行う

ロリポップ側の設定が終わってからでないとこの操作はできません。

今回は無料で独自SSL(https)設定をするため、下記サイトでSSL証明書の発行をします。

※「Really Simple SSL」をインストール後にプラグインページ上部に表示されるリンクと同じです。

参考 SSL Server TestQualys SSL lab

そして、自分のwordpressのドメインを記載し、Submitボタンをクリックします。

 

注意!手順通りに進めている場合、エラーになることはありません。
万が一エラーが起きた場合は、ロリポップ側のSSL(https)設定をしていない可能性があるので、確認をしてください。

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

STEP.4
Really Simple SSLの設定完了!

最後に、wordpress側に戻り、下記表示になっていることを確認してから、「はい、SSLを有効化します。」をクリックします。

こうすることで、SSL(https)を設定することが完了します。

※自動で表示されますが、ログインURLも変わるので、ブックマークしている方は更新してください。

ロリポップ wordpress 独自SSL(https) 設定

3. まとめ

以上が、ロリポップサーバーを使用している方向けのwordpressで独自SSL(https)を無料で設定する方法でした。

「Really Simple SSL」は、無料で使用することができますが、主に個人でブログを作っている方が使用することが多く、企業で使用しているのはあまり見かけません。

SSLはサイトの信用に関わる重要な設定です。

有料で信頼あるSSL設定をするのもよいですが、「Really Simple SSL」を使って数年たちますが、問題になったことは一度もないので、無料でSSL(https)設定を望んでいる方は、ぜひお試しください。