“世渡り上手”の意味とは?世渡り上手な人の特徴22選!

世渡り上手 意味 特徴

“世渡り上手”な人はさまざまな場面で得しますよね。

なんとなくそんな気がする世渡り上手な人ですが、そもそも世渡り上手とはどんな意味でしょうか?

世渡り上手の意味を知ることで、世渡り上手な人の特徴がなぜいいのか理解できるはずです!

1. 世渡り上手とはどんな意味?

世渡り上手は、「よわたりじょうず」と読みます。

世渡り上手という言葉は聞いたことがあるものの、どんな意味かよくわからない人は、簡単に意味から理解していきましょう。

1-1. 世渡りの意味とは

まず、”世渡り”とはどんな意味かGoogleに聞いてみましょう。

社会の中で生活して行くこと。処世。

by google先生

世渡りの意味とは、「社会の中で生活していくこと」です。

ここで重要なのは”社会”というワードですね。

1-2. 上手の意味とは

誰しもが知っているかと思いますが、改めて”上手”とはどんな意味かGoogleに聞いてみます。

ある物事をする技術がすぐれていること。巧みなこと。そういう人。「名人―」「―の手から水が漏る」(じょうずな人も時に失敗することがある)。また一般に、てぎわがよいこと。うまいこと。

by google先生

上手はやはり、技術が優れているという意味があります。

そして重視すべきは、”手際がよいこと”もでしょう。

では、世渡り上手の意味を見てみましょう。

1-3. 世渡り上手の意味とは?

“世渡り”と”上手”の意味を組み合わせると以下になります。

世渡り上手の意味とは「社会の中で生きていくことのうまい、手際のいい人」です。

改めて見ると、ぼんやり理解していたものがはっきりと分かってきますね。

世渡り上手な人とは、手際のいい人というのが筋が通っている答えでしょう。

2. 世渡り上手の特徴は人に好かれ上手

世渡り上手な人になるためには、世渡り上手な人の特徴を理解する必要があります。

世渡り上手な人とはどんな特徴の持ち主でしょうか?

まずは、周囲の人に好かれるという視点から見ていきます。

2-1. 甘え上手な人

世渡り上手な人は、人に甘えるのがとてもうまいです。

人にうまく頼ることができるため、甘え上手は助けを受けやすいです。

そんな人は世渡り上手であると言えます。

2-2. 褒め上手な人

周りの人に好かれる方法の1つに、褒め上手があります。

相手を褒めることで、好感を抱いてもらい、いざというときに助けてもらいます。

些細なことでも積極的に褒められる褒め上手は、世渡り上手の特徴を持っています。

2-3. 笑顔が絶えない人

笑顔は相手の気持ちをリラックスさせ、いい気分にさせる効果があります。

いい人だと思われることは、世渡り上手な人の特徴として重要です。

笑顔を絶やさず接し続けると、世渡り上手になれます。

2-4. 相手を理解できる人

相手を理解せず否定し続ける人よりも、理解できる人のほうが世渡り上手です。

否定されることは気持ちいいものではないはず。

世渡り上手な人の特徴として、相手を理解できることは大切な特徴の1つです。

2-5. 聞き上手な人

世渡り上手になるためには、人の話を聞くのが上手いことも大切です。

特徴として聞き上手な人は、相手から話したいと意識してもらえるので、いざというとき助けてもらえます。

聞き上手になることで、世渡り上手になれるでしょう。

2-6. 相談に乗るのが上手い人

相談に乗るのが上手い人は聞き上手とも言うでしょう。

相談に乗り、アドバイス出来る人は世渡り上手な人です。

頼るだけではなく、頼られることも世渡り上手な人の特徴と言えるでしょう。

2-7. 情報提供が上手い人

つげ口というよりかは、相手にとって利益のある情報を伝えられることも世渡り上手な人の特徴です。

情報提供を常にしてもらえると、相手からも情報がもらえます。

世渡り上手な人は、相手の懐に入れる特徴を持っている人です。

2-8. フットワークが軽い人

世渡り上手な人の特徴として、フットワークの軽さがあります。

呼ばれたらいつでもきてくれる人は居心地がいいでしょう。

フットワークの軽さは、つながりの強さだと感じられるようです。

2-9. ポジティブな人

世渡り上手な人にはポジティブな人が多いです。

ネガティブな人よりも、前向きでポジティブな人と人は一緒にいたいもの。

世渡り上手になるためには、ポジティブな人の特徴を真似るのも大切です。

3. 世渡り上手の特徴はコミュニケーション上手!

人に好かれるのが上手いだけではなく、世渡り上手はコミュニケーションが上手な特徴を持っています。

自分にない世渡り上手の特徴を見てみましょう。

3-1. 盛り上げ役になれる人

必須な特徴ではないですが、盛り上げ役になれる人は世渡り上手なことが多いです。

目立っている人に、周りの人は付いてきます。

盛り上げるコミュニケーション上手は、世渡り上手の特徴の1つです。

3-2. 話のネタが豊富な人

場面場面で沈黙になるとき、世渡り上手な人は話題を提供してくれる特徴があります。

政治、スポーツ、エンタメなどの様々なジャンルを知っていて、話題のネタが豊富です。

世渡り上手な人は誰とでも話を合わせられる特徴があることでしょう。

3-3. 苦手な人とも話せる人

そもそも苦手な人がいなければよいですが、世渡り上手な人はどんな相手とも話せます。

どうしても顔に出てしまったりする人は、周りにも不快感を与えてしまいます。

世渡り上手な人の特徴として、苦手でも気にせず話せるということが大切です。

3-4. 人への愚痴をこぼしすぎない人

愚痴は誰しもがこぼしてしまいますが、世渡り上手な人の特徴は、人に対しての愚痴は極力こぼしません。

人から人への伝達は早く、いつ白い目でみられるか分からないと知っているから。

世渡り上手になるためには、人の愚痴をこぼしすぎないことも大切です。

4. 世渡り上手の特徴は当たり前ができる!

世渡り上手な人は、なにも対面で話す際の特徴だけではありません。

実は大切なのに蔑ろになりがちな、当たり前なことを当たり前にこなすという人として大切な特徴も、待ち合わせています。

4-1. 約束が守れる人

人として当たり前なこととして、約束を守れる人は、世渡り上手の特徴です。

約束を守ること自体は多くの人ができるはず。

約束を守れない人が逆に世渡り下手と思われる人の特徴です。

4-2. 時間にルーズじゃない人

時間にルーズな人は、約束を守れないのとほぼ同意になることがあります。

約束は守れていると思った人は、約束した時間に遅刻していませんか?

時間を守ることのできる人は、世渡り上手な特徴を持っています。

4-3. マナーを守れる人

基礎的なマナーを守れる人は、世渡り上手な人の特徴でしょう。

テーブルマナーから冠婚葬祭など、蔑ろになりがちなマナーをちゃんと守れることが世渡り上手になる大切な特徴です。

4-4. 連絡がマメな人

連絡がほとんど返ってこない人は世渡り上手とは言えません。

昨今はスマホで連絡を取ることが一般的になっているように、世渡り上手は連絡もマメです。

しばらく放置してしまわず、連絡はマメに返しましょう。

5. 世渡り上手の特徴は感覚に優れている

特徴が感覚となると、世渡り上手になれないと思うのは違います。

世渡り上手の感覚を言葉にして、自分にも定着させることで、自ずと世渡り上手の感覚を手に入れることができます。

5-1. 空気が読める人

世渡り上手な人の感覚的な特徴に、空気が読める特徴があります。

多くの人は、そこまで空気を読めないことはないと思いますが、これもとても大切な特徴です。

雰囲気から察知して、気の利いたセリフや行動を取れる人は世渡り上手です。

5-2. 手の抜きどころが分かる人

手の抜きどころが分かっていることはとても大切な特徴です。

人は常に全力では居られないので、手の抜きどころを見極める能力はとても重要。

場面を見極めて、手を抜いたりできる特徴は、世渡り上手な人の特徴です。

5-3. オンとオフがはっきりしてる人

世渡り上手の特徴として、オンのオフがはっきりしています。

爆笑問題・太田光さんは、テレビでははっちゃけていますが、家では根暗だそうです。

このように、オンとオフをはっきりできる人は、世渡り上手だと言えるでしょう。

5-4. 面倒なことを避けられる人

面倒なことに首を突っ込みがちな人は、世渡り上手とは言えません。

名探偵コナンは、そういう意味だと世渡り上手ではないですね。

面倒なことを察知して避けることのできる能力は、世渡り上手の特徴といえます。

5-5. 要領のいい人

世渡り上手の意味が、手際のいい人であるように、やはり要領のいい人は、世渡り上手な人です。

身のこなしが軽やかで、なにをするにも要領良くこなせる人は、優先順位付けがうまいです。

てきぱきとタスクをこなしていくことができる人は、世渡り上手だと言えるでしょう。

6. まとめ

世渡り上手の意味と、それぞれ特徴をまとめてきましたが、どれも真似できるものばかりです。

自分は世渡り上手ではないと思っている人は、ぜひ1つずつ世渡り上手な人の特徴を真似てみてください。

気づかないうちに、世渡り上手になれていると思います。