子供が共感力を育むには”動物”が効果的?子供が共感力を育むメリットとは?

子供 共感力 育む メリット

共感力とは、自分が相手に心底寄り添っているという安心感を与える力のことを指します。

共感力がある子供に育てるということは、後にリーダーシップを持った子供に育てることにつながります。

今回は、子供に共感力を持たせる方法として、”動物”が効果的な理由をご紹介します。

CHECK共感力 理解共感力とは?相手を理解し、好奇心を持つ”共感力”でコミュニケーションを楽にする!

1. 子供の共感力は”動物”が効果的?

子供の共感力を育てるためには、動物が効果的です。

子供の共感力と、動物の関係性を見ていきましょう。

1-1. 子供の持つべき共感力は「思いやり」

子供が共感力を持つためには、思いやりが非常に大切です。

「なにをしたら相手は喜んでくれるのか」

「なにをしたら相手は嫌な気持ちになるのか」

自分の感情だけでなく、相手を思いやって行動できることが、子供にとっての大切な共感力です。

1-2. 言葉を話さない動物とのコミュニケーション

子供は動物と言葉以外でコミニュケーションを取るに必要があります。

なにを考えているかわからない

⇒ 相手に寄り添い理解する必要がある

共感力は心に寄り添うこと。

なにを考えているかわからない動物の気持ちを考えて行動することは、共感力を育む上でとても大切です。

1-3. 動物を喜ばせる方法を学ぶ

動物が喜ぶ方法を理解するのは大人でも難しいでしょう。

ただ、どんな動物もエサをあげることは動物を喜ばせる方法です。

子供が共感力を育むためには、「なにをしてあげたら嬉しいのか」を子供に考えて行動させることが必要です。

その逆に、「なにをしたら怒らせてしまうのか」も共感力を育む上で大切な学びです。

犬や猫と言った、感情が分かりやすい動物は、共感力を育む上で効果的な動物といえます。

1-4. しつけから共感力を学ぶ

子供の共感力を育むために、子供に動物のしつけをさせることも効果的です。

共感力は、リーダーシップにもつながる大切な要素です。

「なにをしたらダメなのか」を教えることはダメなことだと理解して教える必要があります。

人に教えることは、気持ちに寄り添う必要もあるので共感力を育む方法としてとても大切です。

1-5. 命の尊さを学ぶ

動物の命は人の命よりも短いです。

子供のうちに動物の死を経験することは、命の尊さを学ぶ重要な方法です。

「死」と「生」をしっかりと感じて「死」を悲しいものとして受け入れることは、子供の共感力を育む上でとても大切です。

2. 子供が共感力を育むメリット

子供が共感力を育むのはメリットがあります。

共感力は「思いやり」を持つことです。

共感力を子供のことに育むことは、大人になってもさまざまな場面で役立つことでしょう。

2-1. 信頼関係を築ける

共感力は自分が相手に心底寄り添っているという安心感を与える力のことです。

信頼関係は、相手を正しいとして頼ることのできる関係。

安心感を与えられる人は、相談を受けやすく、頼られる人になります。

共感力の高い子供は、信頼関係をうまく構築できる人にメリットがあります。

2-2. 円滑なコミュニケーションにつながる

動物とコミニュケーションを取ってきた子供は、人との円滑なコミュニケーションも容易です。

相手の気持ちを汲み取って、なにをして言うべきかを即座に判断できます。

共感力の高い子供は、円滑なコミュニケーションが取れる人になるメリットがあります。

2-3. リーダーシップを育める

共感力は、「思いやり」を持って人と接することができます。

そして、共感力の高い人は信頼関係も強い人です。

リーダーは、頼られる存在。

「思いやり」を持ってメンバーに関われるトップは、多くの人を引き連れることができるでしょう。

共感力を子供のころから育むことで、大人になったときに偉大なリーダーとなれるメリットがあります。

2-4. ポジティブになる

共感力の高い子供は、状況の分析や相手の気持ちを理解する能力が高いです。

広く状況を読み取ることで、良い点を見つけられる子供になります。

良い点を見つけられると自然と気持ちもポジティブになるため、共感力の高い子供はポジティブになるメリットがあります。

2-5. 人見知りにならない

コミニュケーションを円滑に取れる子供は、相手の気持ちを理解して接することができます。

「この人はどんな人なんだろう」

というような好奇心は、共感力の高い子供の特徴です。

相手に興味を持って接することができるため、人見知りにならないメリットがあります。

2-6. 好奇心旺盛な子供になる

共感力の高い子供は、あらゆる物事に対して好奇心を持って接することができます。

動物と接する際も、基本的には好奇心から来るものです。

動物だけでなく、様々な物事、場面に対して好奇心旺盛になることで、さらにはチャレンジングな子供になるメリットがあります。

3. まとめ

子供の共感力を育むには”動物”が効果的です。

動物と接することは、好奇心を高めることにも繋がります。

共感力を子供のことに育むことは、大人になってもさまざまな場面で役立つことでしょう。

ぜひ動物と接する機会を増やして、子供の共感力を育むチャンスを作っていきましょう。