恋人との信頼関係を強くする3要素!恋愛・カップルに必要な信頼関係の築き方とは?

恋人 信頼関係

恋人に信じてもらえない、信頼関係に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

恋愛において、恋人・カップルの信頼関係が悪いと思う理由は人それぞれです。

まずは恋人との信頼関係とはなにか、そしてそれぞれなにをすべきか見ていきましょう。

1.恋人との信頼関係とは

恋人と信頼関係を築いていくうえで重要なことは、信頼関係とはなにかを知ることです。

1-1. 信頼関係とは?

信頼関係とは「相手のことを正しいとして頼ることのできるつながり」です。

職場での信頼関係と恋人・カップルの恋愛における信頼関係は、少しニュアンスが違いますが、”信頼とは”から記載しているので、参考にしてみてください。

CHECK信頼関係信頼関係の定義とは?部下との職場外での信頼関係の築き方”6選”!

1-2. 恋人との信頼関係とは?

信頼関係がわかったところで、恋人との信頼関係とはどういったものか見ていきます。

  1. 恋人のことを信じられること
  2. 恋人の考えを正しいと思えること
  3. 恋人にいざというとき頼れること

大きく分けると、この3つが恋人・カップルにおける重要な信頼関係の要素です。

1-3. 恋人のことを信じられること

信頼関係を考える上で、恋人のことを信じられるかどうかは非常に大切です。

恋人のこと正しいと思えることにつながりますが、恋人を常に否定していては恋愛における信頼関係は成り立ちません。

後ほど方法を述べますが、恋人がやろうとしていること、考えていることを信じてみることはとても大切です。

1-4. 恋人の考えを正しいと思えること

恋愛においても、人間関係においても常に相手を正しいと思うことは難しいでしょう。

恋人・カップルで意見の食い違いが起きることは多々あります。

意見の食い違いは起きるものですが、恋人の意見を完全否定するのは違います。

恋人と信頼関係を築くうえでは、正しい部分もあることは理解しなければいけません。

1-5. 恋人にいざというとき頼れること

信頼関係の言葉の定義に、「頼る」というものが含まれているように、恋人に頼らなければ信頼関係は生まれません。

どちらかというと、自分ではなく、相手から信頼関係がないと思われてしまいます。

すべて自分で背追い込まず、恋人に頼ることも信頼関係を築ずくうえでは大切です。

2. 恋人と信頼関係を築く方法

恋人との信頼関係がどんなものか分かったところで、信頼関係を築く方法を見ていきます。

2-1. 恋人を信じるにはどうすべきか

恋人を信じられない人は、なぜ信じられないのか、同じく信頼関係を築けていないと感じる人のコメントから見ていきましょう。

恋人のことを深く理解していない

付き合って半年だから、まだ恋人のことを深く理解できていないと思う

by 23歳女性

恋人同士なのに、上辺の付き合いに感じる。想いあってないみたい。

by 33歳男性

付き合っている期間が短いから理解できていないこと、想いあっていない感じがするのは、自分から歩み寄っていないから。

本当に信頼関係を築きたいならば、自分から歩み寄って相手を理解し想わなければいけません。

恋人に気を遣って本音を言えない

こんなこと言ったら嫌われそう。と思って言いたいことが言えない。

by 30歳女性

嫌なことはあるけど、自分にも悪いところはあるだろうと思って言えない。

by 25歳男性

こんなこと言ったら嫌われそうと思って本音を言えないとき、恋人を信じているとは言えません。

一人で疑心暗鬼にならず、ちゃんと言葉で伝えてその時に問題を解決しなければいけません。

過去に恋人に裏切られたトラウマがある

過去に浮気された経験があって、今の恋人も浮気するんじゃないかと思ってしまう。

by 22歳女性

厄介なケースですが、一度裏切られた経験を持つ人はなかなか信じられないでしょう。

これは、気づかなかった自分の情けなさから来ている場合が多く、敏感になっています。

今度は同じにならないようにと張っている予防線が、信じられない原因になっています。

2-2. 恋人の考えを正しいと思うにはどうすべきか

恋人の考えを正しいと思うには、相手に興味を持って、寄り添った気持ちで接することが大切です。

カップルではない、恋人ではない人間関係であれば、あまり興味を持つことは少ないかもしれないですが、相手を正しいと思うには、まず考えを理解することから始めてみてください。

信頼関係を築くためには、”共感力”を持つことも大切です。

CHECK共感力 理解共感力とは?相手を理解し、好奇心を持つ”共感力”でコミュニケーションを楽にする!

2-3. 恋人に頼るにはどうすべきか

信頼関係を築いていくうえで、最も重要で難しいのは、頼ることかと思います。

人によっては頼ることは重いと思われがちですが、適度に頼ることは、信頼関係を築くうえで大切なことです。

悩み事を相談する

まずは、些細なことを相談してみましょう。

  • ネットショップで見かけた2色のどちらがいいか
  • 将来こんなことをしてみたい
  • こんなところに行ってみたい

小さな相談は様々できます。

こんなところ行ってみたいから、恋人の気持ちを聞き出して共感すると、なお良いでしょう。

寂しいと伝えてみる

「寂しい」と伝えるだけでも、効果的です。

“寂しい”は、恋人を欲していることがダイレクトに伝わります。

言い過ぎはさすがに重いですが、たまにボソッと恋人に伝えてみると、ほんのり頼っている気持ちが伝わります。

恋人に回答を丸投げしない

信頼関係を築くうえで大切なことは、頼ることですが、すべて任せるのはダメです。

「どっちでもいいから決めて」

自分にとっては楽なことかもしれませんが、恋人はストレスを感じてしまいます。

3. まとめ

良質な信頼関係を築くためには、まずは恋人との信頼関係とはなにか、深く知ることが大切です。

恋人のことを正しいとして、頼ることは難しいですが、一歩ずつ歩み寄ることで、よい信頼関係が築けるはずです。

ぜひ、1つでもいいので、大きな3つの枠組みから選んで、実行してみてください。

よい信頼関係が築けることを期待しています。