AI(人工知能)でもできないことはある!AI(人工知能)はなんでもできるわけではない?

AI(人工知能)できない

AI(人工知能)は、なんでもできると思われがちです。

人工知能を語る上では、できることだけでなく、できないことを理解した上で、議論をしていく必要があります。

A(人工知能)できることAI(人工知能)ができることとは?AI(人工知能)は限界を知ることが大切!

1. AI(人工知能)でもできないことはある!

AI(人工知能)は、万能ではありません。

できることもかなり多くありますが、できないこともとても多いです。

できることの一例と、できないことをいくつかみていきましょう。

人工知能 できないこと

1-1. AI(人工知能)ができることの一例

AI(人工知能)のできることに「膨大なデータの解析」「共通点を見つける」ということが挙げられます。

膨大なデータ(=ビッグデータ)から情報を取得し、特徴量から共通点を見つけることができます。

これは、ディープラーニングにより、難しい特徴も抽出することが可能となり、人工知能がさらに注目を集めました。

1-2. AI(人工知能)はまだパーソナルではない?

人工知能ができないことに、パーソナルになりきることができないが挙げられます。

toCの人工知能を活用したサービスはいくつかありますが、やはりまだ完全にパーソナルな人工知能は存在しないといってもよいでしょう。

ある程度ルールに合わせて人をカテゴリーわけし、そのカテゴライズされた人間へのアプローチは可能なため、完全にパーソナルな人工知能の誕生もそう遠くはないかもしれません。

人工知能 できないこと

1-3. 未来をあてることはできない

人工知能に対しての誤解の1つに、未来を当てることができるというものがあります。

しかし、残念ながら人工知能は未来を予想することはできますが、完全には当てることができません。

競馬AIでも、予想を出しており、高い精度を誇ってはいますが、やはり100%は起こり得ません。

競馬AI競馬AI「松風」って知ってる?人工知能(AI)は競馬でも強いのか?

1-4. 100%の精度もまだ無理

人工知能は、先にも記載した通り、100%の精度を出すことはできません。

よく、100%の精度がでないと業務に適用することができないという方がいますが、100%はあり得ません。

それを理解した上で、人工知能を選ぶ必要があります。

過度な期待は、危険です。

2. AI(人工知能)の過信で起こること

AI(人工知能)を過信していると、便利さを感じられなかったり、恐怖を覚えます。

過信はなにもいいことに繋がらないので、危険です。

人工知能 できないこと

2-1. 便利さを感じられない

人工知能を過信しすぎると、便利になっているものが当たり前に感じられます。

人工知能の利便性は、人の想像を超えます。

しかし、それを過信しすぎて慣れてしまうと、なんでもできると思いがちになってしまいます。

2-2. 人よりも優れていると思ってしまう

人工知能を過信しすぎると、いつのまにか人間よりも優れていると思ってしまいます。

しかし、人工知能は、人より優れているところもあれば、劣っているところもあります。

人工知能の分析は素晴らしいですが、感情を読み取ることがなかなかできません。

いいところもあれば、弱い部分もあるあたりが、少し人間に似ているように感じられますよね。

人工知能 できないこと

2-3. 漠然とした恐怖を感じる

過信をしすぎると、人工知能に漠然とした恐怖を感じるようになるでしょう。

映画でもかなり多くの怖い表現を見つけることができます。

人工知能は、なんでもできると思っていると、いつか人間を超えてしまうのではないか、と感じてしまいます。

3. まとめ

人工知能は、人々の生活を豊かにしてくれます。

人工知能で、なにかを解決するのではなく、人工知能にサポートしてもらいながら解決をする。

そして、逆に人間も人工知能をサポートしてあげることで、双方にとって豊かな未来がやってくることでしょう。